2018年度 支援グループ紹介

【2018】花と緑でみんなが心をふれあい笑顔になれる街づくり

グループ洗足グリーンクラブ「オリーブとミモザの会」
活動内容ふれあい広場に手作りによる花壇をつくり、四季の花で洗足駅を訪れた人々になごんでもらえる街にする。 また、芝生部分をつねに整備し、子供たちが遊べる環境をつくります。

洗足駅エリア

【2018】花と緑を通して人と触れ合い美しい街を作る

グループNPO法人フラワークラブなな夢
活動内容美しが丘地域ケアプラザの花壇に四季折々の花を植えて心の安らぎとし、コミュニケーションにも一役担える ように企画します。また、子供たちへの花育を通し、緑への愛着を育む取り組みを推進します。

たまプラーザ駅エリア

【2018】みんなで育てた麦でこだわりの世田谷麦茶を作る

グループ世田谷麦茶プロジェクト
活動内容地域の人たちと育てた麦で麦茶をつくり、地域の子供たちに飲んでもらいます。

二子玉川駅エリア

【2018】商店街から緑道まで緑と花がいっぱいのまち大倉山

グループ大倉山緑と花のまちづくり
活動内容地域と商店街、子育て支援拠点が一緒に、商店街などで緑と花を増やす活動をします。花植えを通して乳幼児の親子、地域で暮らす学生から高齢者の方まで幅広い層がそれぞれの関わりを持ち、地域の活性化をはかります。

大倉山駅エリア

【2018】BEE FRIENDLY 薔薇 PROJECT

グループ自由が丘商店街振興組合 環境部
活動内容駐車場として利用している敷地の塀にラディスを組み、その下部にプランターを配置し、バラの苗木を植樹します。「丘バチプロジェクト」との連携を図り、ミツバチにもやさしく歩行者に愛される美しい回遊風景を作り出します。

自由が丘駅エリア

【2018】旧玉電が展示される宮の坂駅の駅前花壇に潤いを

グループ豪徳寺2丁目町会
活動内容現在宮の坂駅前花壇まで離れた協力者宅から水を運んでいますが、宮の坂駅に雨水タンクを設置することにより、 水の運搬距離が格段に短くなります。また、水道水を使わなくなるため、水資源の節約にも貢献します。

宮の坂駅エリア

【2018】日吉のみどりでおもてなし&交流

グループ慶應義塾大学・日吉丸の会
活動内容慶應日吉キャンパスが、2020年東京オリンピック開催時に、英国チームのキャンプ地となりますので、お迎えするにあたりキャンパス内の許可された場所で、日本の原風景である落葉広葉樹林の再生、英国式のバタフライ・フラワーガーデンの整備を行うほか、英国のみどりを守り、育て、親しむ手法に関する学習会などを開催いたします。

日吉駅エリア

【2018】花いっぱい運動

グループ平塚二丁目町会 花と緑の部
活動内容プランターを配布し家の前の路地で花などを育ててもらう方を増やしていきます。花の講習会を含めて、花を育てる楽しさを広め、地域のコミュニケーションを図ります。

戸越銀座駅エリア