『みど*リンク』アクション

『みど*リンク』アクションの概要

『みど*リンク』アクションは、公募によって寄せられた地域のまちづくり活動や緑化活動の企画の中から特にすぐれた企画に当社が支援を行うことで、「まちづくり・緑化」をきっかけとしたコミュニティーづくりを応援する活動です。
当社が審査の上、選出したグループそれぞれの取り組みに対し、企画規模等を勘案し、1グループ10万円から100万円(消費税込み)相当の物品等での支援を行います。

また2021年より、東急カード(株)より協賛金をいただけることになりました。これは東急カード(株)がすすめる「デジタルコミュニケーションの推進」「ペーパーレス化の促進」により削減が見込める事業コストの一部を活用し、環境負荷の軽減、まちづくり活性化支援を目的としたものです。

今後も『みど*リンク』アクションは、「まちづくり・緑化」の取り組みが「リンク(つながり)」し、ますます“豊かで元気あふれる街”になり、未来につながっていくことを地域の皆さまと共に目指します。

『みど*リンク』アクションが目指すもの

『みど*リンク』アクションは
「東急沿線グリーニングキャンペーン」から進化しました。

当社は、多摩田園都市の土地区画整理を通じて、一時的に失った緑を街に返すことを目的として、1972年から「東急沿線グリーニングキャンペーン」苗木プレゼントを実施して参りました。2011年までの40年間で累計約22万3千本もの苗木を配布し、東急線沿線の緑化を推進してきました。

本イベント自体は非常に人気がありましたが時が経つに従って、マンション暮らしの方も増え、「苗木をもらっても困る」というご意見をいただくお客様が増えてきました。また苗木を配布すること自体が目的化して、私どもが本来お伝えしたかったメッセージが地域に伝わらないという問題も生じてきました。

そこで40年をひとつの区切りとして、企画自体を見直すこととしました。東急線沿線には、誰にも頼まれずにボランティア精神を発揮して地域の緑化活動をされているグループが多数いらっしゃいます。しかし、私達はそうしたグループがどこで、どれだけいて、どういう想いで活動をされているのか全く把握できていませんでした。

そこで私達は、そうした想いをもって活動をされているグループから企画書を公募し、一定の緑化および地域のまちづくり活性効果が認められる活動を直接支援する『みど*リンク』アクションという活動に進化させました。

活動概要

事業設立日2012年4月1日
目的・環境負荷の低減
・「まちづくり・緑化」をきっかけに地域のコミュニティーを広げ、深める
・「まちづくり・緑化」をきっかけに地域のまちづくりの活動を活性化する
・生物多様性の保全
支援対象商店街、自治会、NPO団体など住民の皆様と一緒に緑化に取り組んでいただけるグループ
支援内容予算10万円から100万円(消費税込み)の範囲内で、花、種、苗木、用具等企画内容に合わせた物品等を支援
支援実績2012年度実績 8件
2013年度実績10件
2014年度実績17件
2015年度実績 7件
2016年度実績 9件
2017年度実績 8件
2018年度実績 8件
2019年度実績15件
2020年度実績15件
2021年度予定12件