2015年04月01日
日吉 池の平にエノキの植樹をしました!【慶応義塾大学・日吉丸の会】

2014年度に支援させていただきました慶応義塾大学・日吉丸の会の、定例活動に足を運びました!

日吉丸の会のみなさんは、午前中から活動されていていて、日本の進化生態学者の岸先生(慶應義塾大学名誉教授/日吉丸の会・顧問)と散歩をしながら国見坂入口のエノキの大木を観察されたそうです。散歩途中、本日移植するエノキを一の谷(慶應大学キャンパス内の国見坂付近)で選定し、池の平へ移動。
『みど*リンク』担当は、池の平(慶應大学キャンパス内にある理工坂斜面付近)の活動から合流!

植樹するエノキは全部で7本です。
3本は午前中選定した一の谷のエノキを。
残り4本は、鶴見川流域の綱島と、日吉駅西側・松の川緑道の環境保全活動をされているグループからそれぞれ2本、ご提供いただいたそうです。
 松の川のエノキをプレゼント!
 松の川緑道のエノキを贈呈!

池の平で移植作業スタート!まずはゴミ掃除から。
ゴミ掃除!
ペットボトルなど、たくさんのゴミが捨てられていました(泣)

お掃除が終わったら、移植する場所を決めます。
30センチほど掘っていきます。
土をほって

深く深く掘ってます
急斜面なので、滑り落ちないように注意しながらの作業です!

植えたらお水をたっぷりと与えます!!
移植用の水は、池の平の湧き水を利用しました。
植えたらお水を

7本のエノキを植樹して、本日の作業は終了!
植樹したエノキと記念撮影
参加したみなさんと記念撮影

エノキは、すぐには成長しないということでしたが、5、10、20年後の成長が今から楽しみです。

『みど*リンク』では、支援させていただいたグループさまの活動には定期的に参加させていただきますので、活動されるときはお声掛けください!
緑の輪をもっと・・もっと・・・広げていきたいと思います。

1